なおの今日の備忘録

毎日の起こったこと、考えたこと、調べたことを備忘録として記録していきます。

ウォーキング・一万歩歩いた時の消費カロリーは?

      2016/03/10

Pocket

「健康のためには、毎日一万歩歩くと良い」とよく言われます。

確かにウォーキングは、手軽に誰でも出来る有酸素運動として、幅広い年代の人に支持されていますね。

この方法で無理なくダイエットをしたい、という人もいるかもしれませんね。

しかし実際の一万歩というのは、果たしてどれほどのカロリーを消費できるものなのでしょうか。

スポンサードリンク

一万歩の運動量

仮に一歩の歩幅を60cmとした場合、一万歩は0.6m×1万=6㎞ということになり、時間的には成人で1時間から1時間半といったところになります。

また、その時の消費カロリーは性別や体重・歩く速度によっても違いが出ますが、

・散歩程度の速さ→90~135キロカロリー
・急ぎ足の速さ→210~315キロカロリー

といった数値になります。

なお、成人は平均値で一日に1800~2200キロカロリーを摂取すると言われ、身体を元気に保つための「最低限必要なカロリー」は一日に1300~1500キロカロリーとされます。

そのため多くの日本人は、100~300キロカロリーほど「余る」計算になります。

もしダイエットに一万歩のウォーキングを取り入れるなら、急ぎ足で行うことが大前提となりますね。

とは言え人によっても運動量に差がありますから、まずは消費カロリーを表示してくれる歩数計で、自分の数値を確かめておくと良いでしょう。

一万歩ではなく、一万二千歩が効果的!?

実は、毎日ウォーキングを行ってダイエットをするとしたら、一万歩よりもさらに増やして一万二千歩が現実的だ、という説もあります。

ここまで行くと、清涼飲料水およそ2本分の糖質をカットすることができ、血糖値やコレステロールのレベルも正常範囲で抑えられるのです。

スポンサードリンク

しかし、一万歩でも大変なのにさらに二千歩多いなんて無理!となるかもしれませんね。

その場合は、1週間に合計で八万四千歩になるように、長いスパンで考えると良いようです。

または、一万歩のウォーキングの他に、軽い運動を取り入れる方法もあります。

例えばラジオ体操は早いペースのウォーキングと同じ運動量、ストレッチはゆっくりペースのウォーキングと同じ運動量があります。

こちらも上手に取り入れると、よりダイエットには効果的かもしれませんね。

こんな風に歩いてみよう

歩き方も工夫すると、消費カロリーが違ってきますので、ぜひお試しを!

・頭頂部-背骨、腰-脚と、身体の中心に一本の線が通っていることをイメージして歩く。

・視線は遠くに置き、膝をのばして大股気味にサッサと歩く。

・ウォーキングに慣れてきたら、途中で1分間に80~100mを歩くことをノンストップで20分間続ける。

最後に

・歩く時間を増やす努力をしてみよう

一度に一万歩以上歩く時間は、なかなかとれそうにないという人もいるでしょう。

その場合はオーソドックスですが、エスカレーターより階段、歩くことが可能だったらバスより徒歩、最寄り駅よりひと駅手前で電車を降りて徒歩で帰宅…など、出来ることを徒歩に切り替えてみましょう。

ウォーキングは運動不足を解消し、肺活量を高め、生活習慣病も遠ざけてくれる素晴らしい運動方法です。

健康のためにもぜひ、実践してみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 雑学